脳梗塞を発見して早期治療を目指そう|一刻を争う事態です

病院

ストレスとの付き合い方

医者

女性の好みでの治療

ホルモン中枢は自律神経の中枢も兼ねているため、性ホルモンの変動が起きやすい思春期や更年期には、視床下部の働きが不安定になり、自律神経も乱れやすくなります。自律神経失調症を患う女性が多い理由はこうしたホルモンが深く関係しているため、回復には女性の心身に働きかける療法が近年人気を呼んでいます。例えば、自然の芳香を利用するアロマテラピーも療法として確立されていますが、香りを嗅ぐことでその信号が大脳辺縁系に伝わり、自律神経のコントロールを行ったりホルモン分泌を促す脳下垂体に良い影響を与えてくれます。特にラベンダーの香りには神経伝達物質の1つでもある鎮静作用のセロトニンを分泌してくれ、交感神経から緩やかに副交感神経へと移行させるなど、心身のリラックスへと繋げてくれるために女性から支持されている療法です。

薬に頼らない

性格的にストレスに弱い人が自律神経失調症になりやすいデータも報告されていますが、年齢によってもストレス要因には違いが生じているため、医療機関を上手に活用するのも1つの手です。例えば、学童期では集団生活の中で授業についていけない場合や、いじめや不登校などがストレスとなりやすく、また、過保護に育てられることでストレスに弱かったりプライドが高くて傷つきやすい傾向にあります。また、自律神経失調症として患者数が多いのは更年期と思春期の年代で、身体的にも精神的にも大人の階段を上がる時期はストレスを抱え込みやすい特徴があります。神経や血管などの成長がアンバランスになりやすく、頭痛やめまいなどの症状が現れやすいため、自律神経失調症での治療には小鳥のさえずりなどの音楽療法などを用いります。この結果、α波が増え、リラクゼーション効果までが得られる魅力があり、薬剤による副作用の負担をなくすなどの利点も得られます。