疑わしい症状は病院で検査│脳梗塞を発見して早期治療に取り組む

医者

ナイダスの安全な摘出

男性

急な激しい頭痛を伴うくも膜下出血の原因には、脳動脈瘤の他に脳動静脈奇形も考えられます。神経内科と脳神経外科が緊密に連携している病院では、MRI検査から外科的治療へと迅速に移行できます。最新医療技術を駆使した開頭手術・定位放射線治療・血管内治療の組み合わせによって、手術の成功率も高まっています。

詳細を読む

くも膜にできる脳腫瘍

女性

脳ドックで偶然発見されることも多い髄膜腫は脳腫瘍の中でも最も多く、大半は良性です。腫瘍が小さいうちは無症状ですが、大きくなると脳を圧迫して部位に応じた症状が出てきます。3センチ以下の腫瘍はガンマナイフでも治療可能です。手術で腫瘍を取り除く際には最新技術を駆使し、安全性にも最大限に配慮しています。

詳細を読む

早めに脳神経外科へ

看護師

脳の血管が詰まる

脳梗塞は、脳の血管が狭くなったり、血栓という血の塊が詰まつまるなどで血流が悪くなり、脳細胞へ栄養や酸素が行き渡ることができなるなって、脳細胞が壊死し脳に障害が起こる病気です。心疾患、高血圧、動脈硬化など血栓が起こりやすい病気を合併している場合がほとんどで、脳の血管に起こる障害のうちで最もよく起こる病気です。症状は、言葉が出ない、片側の手足のしびれ、片目が見えなくなる、物が2つにだぶって見える、足がもつれるなど、脳の中のどの血管が詰まるかによって違います。これらの症状は、1時的に現れて消える場合があり、脳梗塞の前ぶれとされています。少しでも気になる症状が出たら、なるべく早めに脳神経外科を訪れ受診し治療しましょう。

早期にリハビリを始める

脳梗塞を起こす原因は、ストレス、喫煙、大量の飲酒、太り過ぎ、高血圧、糖尿病など様々あります。1つでも当てはまるものがある人は特に十分な注意が必要です。脳梗塞を起こすと時間ごとに梗塞部分が広がっていきます。脳梗塞が完成してしまう前に1分1秒でも早く治療を始めて血液の流れをよくしなければなりません。病院ではMRI検査や血液検査などを行い、治療は、脳を保護する薬、血栓を溶かす薬、血栓ができるのを防ぐ薬など、薬を用いた治療が中心になります。病状が安定してきたら、寝たきりになってしまうのを防ぐため、早急にリハビリテーションを始めます。退院した後も再発を予防するために薬の服用を続け、リハビリテーションも継続して行います。

ストレスとの付き合い方

医者

自律神経失調症に悩むのは女性をはじめ、思春期の子供も悩んでいるため、病院では体への負担をかけないために様々な療法を展開しています。特に五感に働きかける療法は評価が高く、ストレスを優しく弱めたり、無くすなど、回復へと心身を導いてくれます。

詳細を読む